【011 不良解析FTAの実践】

http://business.nikkeibp.co.jp/art…/bigdata/20140324/261669/
以前よりやられていた不良分析ですが、大々的に発表されています。

FTA(Fault Tree Analysis)は、製造工程の工程改善にも活かせますが、設計にも活かせます。ようは、設計部門のクライアントorマーケットが製造部門と考えれば、製造工程において発生した設計不良を分析し、今後の設計ルールチェックに反映させます。

FMEAが品質に関しての事前活動・予防対策であるとするならば、FTAは事後対策です。しかしながら、迷路がゴールから辿るとスタートまで簡単に到達できるように、起きてしまった不良から手繰ると、その原因はすぐにはっきりします。

それが二度と起きないように対策をする。

何年も同じ品目を製造する企業であるならば、その効果は計り知れません。