工場の姿は、各社・各工場ばらばらであり、現地にあったシステムを設計するには、システム構想力が要求されます。特に、間接部門でのシステム利用環境とは異なり、システムを使うことで本来の製造業務に支障があってはいけません。文字のサイズや入力デバイスなど、工場の現場にあったシステムを設計する必要があります。
昨今では、IoTという言葉で集約されていますが、工場で取得できる情報を分析することで、他の業務に有効に活用することがトレンドとなっています。
長年の課題とされている工場設備の保全活動に関しても、設備に取り付けたデバイスからの情報を分析することにより、設備の交換部品の交換時期を予測したり、不具合の予測を行うといった予知保全を実施する企業も増えてきました。
我々は、技術トレンドを意識しながら、現場に最適なシステムを企画・設計を行い、システムの開発・業務適用までご支援致します。