製造業が日本経済を牽引してきた高度成長期。これまでは、製造する製品の姿が明確で、コストを抑えた高品質なものを生産すれば売れてきました。技術的な進歩やマーケットニーズに合わせた新機能を搭載した新規種をマーケットに投入すれば売れました。しかし、昨今では、なにを作るのかが重要になっており、製造業に求められるのは、「モノづくり」から「コトづくり」へと変化しています。マーケットニーズを拾い集めて新しいものを作るのではなく、新しい利用シーンを創造し、そこで必要とされるものを、サービスと組み合わせて企画することが望まれています。

 製造業システムグランドデザイン

 工場システム(MES)導入支援

 PLM導入支援

 生産管理システム導入支援

 設計業務改